換気扇の交換に本気|実績数TOPクラスの熱血業者

インテリア

騒音を漏らさない

家

江戸時代における騒音問題

近年、保育園や幼稚園における子供達の声さえ「騒音」と言われるほど、「音」に対する意識が過敏になっている時代です。 特に都市部は人口過密が上がっており、近隣住人の間で持ち上がる住まいのトラブルが後を絶ちません。 江戸時代における江戸も、急激な人口流入があった事で知られていますが、一方その時代は「プライバシー」意識が薄く、現在より騒音騒動が起こる事はありませんでした。例えば長屋住まいの人達は壁を叩いて隣家の住人に夕飯を食べに来るよう伝える事さえあったのです。 他にも江戸時代における日本の住宅には西洋住宅のような「敷居」がありませんでしたから、人の空間と自分の空間を仕切る意識が現在よりも薄かったのです。 一方、現代において住宅の騒音対策は欠かせません。

騒音対策は自分で行なう時代

近年の住宅で暮らす上で、騒音対策は欠かせません。今後は、住宅そのものに建設業者が騒音対策を施す事はもちろんですが、住人の自己努力も問われるようになるでしょう。 例えば近年は屋内における騒音を和らげるようなインテリアやグッズが多様に販売されています。 カーテンにも遮音効果がある商品が開発されていますので、できるだけ部屋の音を抑えるために使用したい一品です。 また騒音対策として効果的なのが、「防音マット」です。こうしたマットを任意の部屋に敷く事で階下に伝わる足音やテレビの音を抑える事ができます。 もちろん床だけでなく壁に貼る事ができる商品もありますので、音を出す必要がある部屋には必ず貼り付けるようにしましょう。 今後は自力で行える騒音対策グッズが多様に利用されるようになるでしょう。